こんにゃく作りへの想い

文化的食品「こんにゃく」

こんにゃくは古来よりおなかの砂を下ろし、体調を整えるといわれ、冬至の頃実質的な整体作用と一年間の厄払いの意味を込め、食べ継がれてきました。
また、近年ではカロリーコントロールにも最適な食品として注目もされています。わたしたちツトム食品は、こんにゃくを伝統的な文化的食品と考え、愛情を込めた美味しいこんにゃくを作り続けることで、健康にも良いこんにゃくの伝統と皆さんの健康を届けられるよう、日々挑戦していきます。

原材料にも最大限のこだわりを

こんにゃくの美味しさを決めるのは『弾力のある食感』です。その味に欠かせないのは、良質で粘度の高い蒟蒻芋とミネラル豊富な軟水の水です。
蒟蒻芋はとてもデリケートな食物で、日当たりが良く広い傾斜地で水はけの良い土壌が必須です。
群馬県は蒟蒻芋の生産に適した土地を多数保有しています。そんな群馬県産の中でも選りすぐりの蒟蒻芋を使用し、さらに山間に位置した工場では、こんにゃく製造に最適な野上川の清流水を使用することで、変わらぬ味・独特の食感を持った安全で安心なこんにゃくを作り続けています。

安心・安全の品質と、高い生産性

もともとこんにゃく作りは、製粉・成形・ゆでる等の工程全てで、大量の冷たい水を使い重労働にて製造してきました。
ツトム食品では、各工程の一部に機械設備を導入し、製造から保管・出荷に至るすべての工程を熟練のスタッフたちにより管理し、こんにゃくのおいしさ・品質を守りながら、量産体制を常に整えお客様のニーズに誠実にお答えしていきます。

PAGE TOP